おそうじチャレンジ 〜ご家庭でできるおそうじ方法を定期的にご紹介♪〜

ご家庭でもできるおそうじをプロの目からご紹介

 

  • おうちのおそうじは何かと面倒ですね。
    そのうちに・・なんて思いながら時間ばかりが経ち、気が付けば手に負えない状態に・・。

    いうまでもありませんが、キレイを保つには「毎日のこまめなおそうじ」これに尽きますが、そんな時間もないという方が多いのではないでしょうか。

    おそうじチャレンジ』では、ご家庭にあるもので簡単にできるおそうじ方法をプロの目からご紹介しています。

    ほんのちょっとでも皆さまのお役に立てたら、嬉しく思います。
    この機会に重い腰を上げて?ぜひ頑張ってみましょう!

 



おそうじチャレンジ目次

 

レンジフード(換気扇)のおそうじチャレンジ

  • おそうじしたくない箇所No.1?レンジフード(換気扇)のお手入れ方法をご紹介しています。
    レンジフード(換気扇)の汚れは言うまでもなくです。
    この油汚れに悪戦苦闘されるお客様は多いですよね。
    見て見ぬふりをしてきた油汚れを少しずつでも除去して、キレイを復活させましょう♪
レンジフード(換気扇)編


ご用意いただくもの

  • 台所用洗剤、油汚れ用洗剤
  • ゴム手袋
  • スポンジ
  • ふきん、ぞうきん
  • サランラップ
  • プラスチックのヘラ(100円ショップでも購入できます。プラスチックの定規や使用済みのポイントカードなどでも代用できます)
  • 使用済みの歯ブラシ
  • 新聞紙やキッチンペーパー
  • ゴミ袋

取り外しが可能なパーツのおそうじ

取り外しが可能なパーツを外します

  • 取り外しが可能なファン(ハネ)などを取り外します。

外したパーツを浸け置きします

  • シンクに栓をし、40℃〜50℃のお湯を外した部品が漬かる高さまで張り、油汚れ用の洗剤を入れます。目安は20〜30倍くらいで薄めます。

    シンクの栓が無い場合は、大きなプラスチック容器やタライでも代用できます。シンクにゴミ袋を敷いてお湯を張ることもできます。

    フィルターの塗装は剥がれやすくなっています。また、アルミの場合は黒く変色することもあるので、様子を見ながら進めてください。
    変色した場合は、メラミンスポンジでこすると消えることがありますのでお試しください。

パーツを洗います

  • 10分〜30分ほど浸け置きしたら、歯ブラシやぞうきんで軽くこすります。
    こびりついた油汚れはプラスチックのヘラや定規などで優しくそぎ落としてください。

    汚れを除去したらよく洗い流します。その後はぞうきんで拭き上げ乾燥させます。


 本体内部のおそうじ

本体の油汚れを大まかに取り除きます
  • フード本体の油汚れをプラスチックヘラや定規などでそぎ落とします。

    塗装が剥がれる場合もありますので、様子を見ながら進めてください。
洗剤をかけ、油汚れを浮かします
  • 油汚れ用洗剤をスプレーし、お湯で絞ったぞうきんで汚れを拭きます。

    汚れがハードな場合はスプレーした箇所にラップキッチンペーパーを貼りつけて10分ほど放置し、拭くのも効果的です。

    洗剤をスプレーする際は、目や口に入らないようマスクや保護メガネを着用してください。

仕上げ拭きを行います

  • お湯で絞ったぞうきんで汚れや洗剤分を拭きとり、よく乾燥させます。


 

シンクのおそうじチャレンジ

  • シンク』のお手入れ方法のご紹介です。
    シンクは水で濡れている状態が多く、どうしても水アカカビなどがつきやすくなる箇所です。
    ステンレス製が主流になっていますが、傷がつきやすいデリケートな素材のため優しいおそうじが必要になります。

    普段はスポンジでおそうじをされていると思いますが、ご紹介のおそうじ方法もいつものスポンジが活躍します。

    シンクをキレイに保つ秘訣は水滴を残さないことです。ご使用後は常に乾拭きをすることがポイントです。
シンク編

 

ご用意いただくもの

  • クリームクレンザー、台所用洗剤
  • ゴム手袋
  • スポンジ
  • スチールウール
  • メラミンスポンジ
  • タライやおけなど水をかけられるもの(シャワーヘッドがあれば不要です)
  • ふきん

 

おおまかに汚れを洗い流します
  • シンク全体に水をかけ、台所用洗剤をスポンジ(柔らかいほう)に馴染ませておおまかに汚れを洗い流します。
クリームクレンザーで研磨します
  • クリームクレンザーをスポンジ(柔らかいほう)に馴染ませ、シンクの『』に沿って一定方向に洗います。

    シンクには『』があり、この目に沿ってスポンジでこすります。
    『目』とはステンレスのシンクにスジ状に流れるラインのことです。
    見分けがつきにくい場合は横流し一定方向で力を入れずに洗ってください。
    一定方向とはタテタテヨコヨコ、あるいは円を描くようにではなく、横から横に流します。

    金だわしや金属ブラシは傷がつきますのでお控えください。

    サビにはスチールウールが効果的です。
    ご利用の際は力を入れ過ぎず、水をかけながら時間をかけてこすってください。
    その後は念入りに水で流します。
    スチールウールの
    金属片が残っていると、もらいサビの原因になるのでご注意ください。

    クリームクレンザーは研磨剤ですので、磨きこむイメージで洗うのが効果的です。
水分を拭きとります
  • 洗剤分をよく洗い流し、ふきんなどで水分を拭きとります。



ガスコンロのおそうじチャレンジ

  • 油汚れコゲつきが目立つ『ガスコンロ』のおそうじ方法をご紹介します。
    お料理したときの油汚れや、煮こぼれなどの汚れはそのまま放っておくと固くなり、取れにくくなってしまいます。
    特に五徳の焼け焦げにお悩みの方も多いのではないでしょうか?
    ガスコンロもご使用後に常に拭きとることから「キレイ」が始まります。
    面倒ですがぜひ頑張ってみましょう♪
ガスコンロ編


ご用意いただくもの

  • 台所用洗剤、油汚れ用洗剤
  • ゴム手袋
  • スポンジ
  • ふきん、ぞうきん
  • サランラップやキッチンペーパー
  • プラスチックのヘラ(100円ショップでも購入できます。プラスチックの定規や使用済みのポイントカードなどでも代用できます)

 

取り外しが可能なパーツのおそうじ

シンクにお湯を張ります

  • シンクに栓をして、40℃〜50℃のお湯を半分くらいの高さまで張り、油汚れ用の洗剤を入れます。目安は20〜30倍くらいで薄めます。

    シンクの栓が無い場合は、大きなプラスチック容器やタライでも代用できます。シンクにゴミ袋を敷きお湯をはることもできます。

取り外しが可能なパーツを漬け込みます
  • 取り外しが可能な五徳や魚焼きプレートなどを取り外してシンクに漬け込みます。

パーツを洗います

  • 10分〜30分ほど浸け置きしたら、スポンジで洗います。
    こびりついて取れない油汚れやコゲつきはプラスチックのヘラや定規、プラスチックカードなどで削ぎ落とします。

    削っては浸け置きを繰り返すことで徐々に汚れが薄くなってきます。

    金たわしなど、固いものでこすると傷がつく可能性がありますのでご注意ください。
パーツを洗い流します
  • 水をかけながら汚れや洗剤を洗い流し、ふきんで拭きとります。

 
 本体のおそうじ 

本体の汚れを大まかに拭きとります
  • 水で絞ったふきんに油汚れ用洗剤をスプレーして、汚れを拭きとります。

    汚れがハードな箇所には油汚れ用洗剤を塗布し、上からサランラップキッチンペーパーで覆い、10分〜30分程度放置します。

    素材によりシミになることがあります。事前に目立たない箇所でテストをしてから行ってください。

    IHクッキングヒーターガラストップのコンロは、金たわしなど固いものでこすると傷がつきますので、ご使用はお控えください。
洗剤分や汚れを拭きとります
  • 水で絞ったふきんで汚れや洗剤分を拭きとり、仕上げを行います。



おそうじチャレンジ目次はこちらへ

 

ビニールクロスやタイルのおそうじチャレンジ

  • 『ビニールクロスやタイルなど壁面』のお手入れについてご紹介します。
    レンジフード(換気扇)やガスコンロ周辺の壁面は油汚れが飛びやすい場所です。
    よく見ると油が小さくポツポツとついていたり、全面的に黄色くなってしまっていたりと見た目もあまりいいものではないですよね。
    定期的なお掃除で見た目もスッキリなキッチンでお料理を楽しみたいものですね♪
ビニールクロス・タイル編


ご用意いただくもの

  • 台所用洗剤、油汚れ用洗剤
  • ゴム手袋
  • スポンジ
  • ぞうきん
  • サランラップやキッチンペーパー
  • 使用済みの歯ブラシ
洗剤を使い、壁面を拭きます

  • 水で絞ったぞうきんに台所用洗剤を軽く3、4滴なじませ、下から上に向かって拭きます。

    汚れが落ちない場合は油汚れ用洗剤を使います。その際はぞうきんにスプレーしながら拭きます。

    紙クロスシミになる可能性がありますので、両洗剤ともに使わないでください
    また、水拭きのみでも
    シミや剥がれの原因となります。目立たない箇所でのテストが必要です。

    下から上に拭くのは液ダレを防ぐためです。もし液ダレが出た場合はすぐに拭いて消してください。放置しますとそのまま線が残る可能性があります。

    磁器タイルの目地に入った汚れは、油汚れ用洗剤を使用済みの歯ブラシにつけてこすると効果的です。


  • 汚れが落ちない場合は
  • 汚れが落ちない場合は、油汚れ用洗剤をスプレーし、サランラップキッチンペーパーで上から覆います。目安は5分〜10分程度です。

洗剤分を拭きとります
  • 水で絞ったぞうきんで、洗剤分や汚れを念入りに拭きとります。その後は乾拭きをし、乾燥させます。


浴室のおそうじチャレンジ

  • 浴室のおそうじ編です。壁面や床などに付着した水アカカビ石けんカスなどは放っておくとどんどん広がって手がつけられない状態に・・なんてことはありませんか?普段のちょっとしたお手入れや工夫で汚れの進行を抑えることができます。
    頑固なカビであれば塩素系カビ取り剤などを使うこともあります。
    まぜるな危険」と書かれている洗剤はその注意書き通り、酸性系の洗剤と混ぜると塩素ガスが発生するというものですが、適切に使用すれば大変効果的な洗剤です。
    ちょっと頑張ればキレイになるのでぜひチャレンジしてみてください。
浴 室 編


ご用意いただくもの

  • 浴室用洗剤(中性タイプ)、カビ取り剤や塩素系漂白剤、クリームクレンザー
  • ゴム手袋
  • マスク
  • ゴーグルなど目を保護できるもの
  • スポンジ
  • スチールウール
  • ハケ
  • 歯ブラシ
  • プラスチックカードや定規
  • 浴室用ブーツ
  • ティッシュペーパー
  • 水切りワイパー(100円ショップで購入できます)

 

最初に

  • 自分の体を守りましょう!
    換気扇をつけたり、窓を開けるなど換気をよくしてから始めてください。

    カビ取り剤や塩素系漂白剤を使う際は、ゴム手袋をつけ、マスクゴーグルなどで保護してください。

 

壁面

カビ取り剤を塗布します

  • 浴室全体に水をかけ、カビが生えている箇所にカビ取り剤をスプレーします。タイルなどの目地にはハケが効果的です。

    頑固なカビには、スプレー塗布後にティッシュペーパー等で覆うラップ法が効果的です。

念入りに洗い流します

  • 10分〜20分ほど放置したら、念入りにシャワーなどで洗い流します。

壁面全体を洗います
  • スポンジに浴室用洗剤をスプレーしながら壁面全体を洗います。

    石けんカスが固着している場合は、プラスチックカード定規などで表面を削り、薄くした後に再度洗剤をご使用ください。

念入りに洗い流します
  • シャワーなどで念入りに洗い流し、乾燥させます。

    窓ガラス用の水切りワイパーで水切りをすると水滴が残らないので便利です。


浴そう
浴そうを洗います
  • 浴そう全体に水をかけてから、スポンジ(柔らかい方)に浴室用洗剤をスプレーをして浴そうを洗います。

    円を描くように回転させながら洗うと、汚れが取れやすく効果的です。

    浴そうは傷つきやすい素材のため、固いブラシやタワシのご使用はお控えください。          
洗剤分を洗い流します
  • シャワーなどで念入りに洗い流し、乾燥させます。

 

カラン(蛇口)

カラン(蛇口)を洗います

  • カラン全体に水をかけ、浴室用洗剤をスポンジにつけながら洗います。

    汚れが頑固な場合は、浴室用洗剤をスチールウールにつけながら優しくこすってください。

    スチールウールをお使いの場合は、メッキがはがれている部分にはお控えください。さらに広がる可能性があります。

洗剤分を洗い流します

  • シャワーなどで念入りに洗い流して、水分を拭き取ります。

    スチールウールの金属片が残っていると、もらいサビの原因となりますので、念入りに洗い流してください。

 

鏡を洗います

  • 鏡全体に水をかけクリームクレンザーをスポンジ(柔らかい方)につけて洗います。

    作業前と作業中は常に鏡の水分を保ってください。乾いた状態でクレンザーを使用すると傷が付く可能性があります。

    円を描きながら洗うと効果的です。

洗剤分を洗い流します

  • シャワーで念入りに洗い流し、水滴が残らないよう、ぞうきんなどで拭き取ります。

    水切りワイパーが便利です。

 

 

 鏡のウロコが取れない・・

  • 鏡の水アカは水道水に含まれるカルシウムマグネシウムなどが結晶化したもので、「汚れ」というより鏡の表面を侵食している「傷」といえます。
    強力な水アカは、市販の中性洗剤や弱アルカリ性の洗剤ではもはや太刀打ちできません。
    プロのおそうじでは、水アカの状態により酸性の洗剤や特殊なパッドなどを使用することもありますが、ご家庭の普段のお手入れとしては、キズや変色など素材を傷める可能性があることからおすすめできません。
    上記のクレンザーによるおそうじで除去できない場合は、以下でご紹介する方法をお試しください。

お酢をご用意ください
  • 鏡全体に水をかけ、お酢をティッシュペーパーやキッチンペーパーに含ませ、鏡全体に貼りつけます。
    さらにその上からサランラップで全体的にラップします。

     お酢は揮発して乾燥しやすいため、ラップをするのがポイントです。    

 

2〜3時間程度放置します
  • 2〜3時間程度放置し、シャワーで念入りに洗い流します。
鏡を洗います
  • クリームクレンザーをスポンジ(柔らかい方)につけて洗います。

    その後は洗剤分を洗い流し、水分を拭き取ります。

 

 

カビ対策法 お風呂から出たら

  • 浴室は湿気が多く、カビの絶好の繁殖場所となります。
    湿度が80%以上、気温が20〜30℃という条件が揃えばカビの胞子が発生し、入浴時に出た人体の皮脂分や垢などを栄養分に繁殖を繰り返します。

    カビを抑えるためには、これらの条件をクリアしていく必要があります。
    少し面倒ですが、簡単にできますので、この機会にぜひお試しください。
換気扇を回し、窓を開ける
  • これは皆さんもすでに実践していると思いますが、一番のポイントです。
全体的に水をかけ、汚れをサッと洗い流す
  • 水で洗い流すことでカビの栄養分である人体皮脂分などを取り除くとともに、浴室の温度を下げます
水分を拭き取る
  • 湿気を残さないために水分を拭き取ります。
    窓ガラス用の水切りワイパーを使っておおまかに水を切り、タオルで拭き取ると、絞る回数も減って楽です。



トイレのおそうじチャレンジ

トイレのおそうじチャレンジをご紹介したいと思います。
最近は多様な市販の洗剤や、おそうじ道具も増えて以前よりも楽しくおそうじができるようになったのではないでしょうか。
しかし、おそうじを少しサボってるとすぐに輪ジミ黄ばみができて本当に厄介ですよね。
しつこくこびり付いてしまった輪ジミや黄ばみを効率よく落とすには、酸性系の洗剤が効果的です。
まぜるな危険」と表示された洗剤ですので、注意書きをよく読んで適切に使用しましょう。

トイレ 編

ご用意いただくもの:
トイレ用洗剤(中性タイプ)、トイレ用洗剤(酸性タイプ )ゴム手袋 トイレ用ブラシ ぞうきん

スポンジ 歯ブラシ ティッシュペーパー プラスチックカードや定規など

便器

便器にトイレ用洗剤(中性タイプ)をかけ、トイレ用ブラシでこすります。
汚れが取れない場合は、輪ジミや黄ばみ、尿石にトイレ用洗剤(酸性タイプ)をかけ、その上からティッシュペーパーで覆います。             
30分〜60分ほど放置したら、トイレ用ブラシでこすります。
 これでも汚れが取れない場合は、耐水ペーパーなどの紙ヤスリ(1000番〜1500番くらい)でこすります。紙ヤスリには番手があり、数字が大きくなるにしたがってヤスリの目が細かくなっていきます。番手の高い(目の細かい)順から行い、汚れが落ちなければ少し粗めの番手に切り替えます。
 紙ヤスリをお使いの場合は便器にがつかないよう、目立たない箇所で試してから行ってください。
 紙ヤスリでこすることで黒いスジがつくことがあります。その際はスポンジにクリームクレンザーをつけこすってください。
水を流して汚れや洗剤分を流します。
ぞうきんで便器のまわりを水拭きをします。

ウォシュレットノズルの洗浄
洗浄ノズルを引き出します。
 メーカーにより引き出し方が異なりますので、取扱説明書をご確認ください。
歯ブラシなどで軽くこすります。
水をかけて洗い流します。
ノズルを元に戻します。

便座や便座カバー

便座や便座カバーはプラスチック素材のため傷がつきやすくなっています。
普段のお手入れは、ぞうきんでの水拭きで十分です。
乾拭きだけでも細かい擦過傷がつく可能性がありますのでご注意ください。

水洗タンク

水洗タンクの水受け皿にトイレ用洗剤(中性タイプ)かけ、スポンジでこすります。
汚れが取れない場合は、酸性タイプに切り替え、受け皿全体にスポンジで馴染ませます。             
30分ほど放置したら、スポンジでこすりながら水で洗剤分や汚れを洗い流します。
 これでも汚れが取れない場合は、耐水ペーパーなどの紙ヤスリ(1000番〜1500番くらい)でこすります。番手の高い(目が細かい)順から試してみてください。
 紙ヤスリをお使いの場合は陶器にがつかないよう、目立たない箇所で試してから行ってください。
 紙ヤスリでこすることで黒いスジがつくことがあります。その際はスポンジにクリームクレンザーをつけこすってください。
水洗蛇口をスポンジの柔らかい方に水をつけながら洗います。
 水洗蛇口は傷がつきやすいので、硬いスポンジはお控えください。
 水洗蛇口の根元のカビのような汚れは、歯ブラシでこするときれいになります。
 水が出る部分の石のようなカルキ汚れは、プラスチックカードや定規を使って優しくこそぎ落とします。ある程度カルキを落としたら、スポンジに水を付けながら洗い流します。

水洗タンク全体をぞうきんで水拭きし、最後に乾拭きをして終了です。

 

フローリングのおそうじチャレンジ

フローリングのお手入れ方法をご紹介したいと思います。
皆さんも1回は水拭きでのおそうじをしたこともあるのではないでしょうか。
誰に教えられるわけでもなく、きちんと適正なお掃除方法でされているんです。

ですので、ここでは普段されているおそうじにちょっとプラスして、よりキレイになるおそうじ方法をご紹介したいと思います。ご家族揃ってチャレンジするのも楽しいかもしれませんね。

 

フローリング 編

ご用意いただくもの:
掃除機 ぞうきん バケツ ゴム手袋 キッチン用の中性洗剤 つまようじ ガーゼ
ティッシュペーパー

 
掃除機で全体的にホコリやゴミを吸い取ります。

水で絞ったぞうきんで、部屋の奥から出入り口に向かって後ろに下がりながら拭きます。
全体的に表面を軽く拭く程度にしてください。1箇所だけをゴシゴシこするとワックスが剥がれたり、変色をおこすことがあります。

汚れが取れない場合は、水で薄めたキッチン用の中性洗剤をぞうきんに浸し、固く絞ってて拭きます。
洗剤を使ったあとは、念入りに水拭きをして洗剤分を拭き取ってください。洗剤分が残っていると変色をおこす可能性があります。

水分が残らないように乾拭きをして、よく乾燥させます。 

   

 

フローリングのミゾの汚れをかき出しましょう

フローリングのミゾは汚れが入り込んでしまって、ぞうきんで拭くだけでは取りきれない場合があります。

そんなときは、つまようじにガーゼやティッシュペーパーを巻いて、ミゾに沿って一直線に線を引いてみましょう。そのあとは、ぞうきんで同じようにミゾに沿って水拭きをします。

  


アミドのおそうじチャレンジ

アミドのお手入れについてご紹介します。
年末の大掃除で皆さんも一度は拭いたり洗ったりしたこともあるかと思います。
外せればシャワーで丸ごと洗えますが、外せなければぞうきんなどで拭いておそうじをします。
一度徹底的にクリーニングをしておけば、あとは簡単なおそうじを定期的に行えばキレイを維持できますので、ぜひともチャレンジしていただければと思います。

アミド 編

ご用意いただくもの:
台所用洗剤 ゴム手袋 スポンジ ぞうきん 洗車ブラシ〜外せる場合〜
バケツに水を張り、台所用洗剤で希釈します。
ホースなどでアミド全体に水をかかます。
洗車ブラシをバケツの洗剤につけタテ・ヨコ・ナナメと全体的に洗います。
 洗剤分が残っているとシミの原因になります。入念に流してください。
水でよく洗い流し、ぞうきんで水分を拭き取り乾燥させます。

〜外せない場合〜
乾いたぞうきんで大まかにホコリを拭き取ります。
水で固く絞ったぞうきんで、拭いていきます。
汚れがひどい場合はバケツでぞうきんをゆるく絞り、拭きあげます。
洗剤を使った場合はよく水拭きをして洗剤分を取り除きます。

窓ガラスのおそうじチャレンジ

皆さんも学校やお家で何回かしたことのある、窓ガラスのおそうじ方法をご案内します。
土ぼこりや排気ガスなど、おそうじをサボってると汚れはどんどん付いていく一方ですね。
頑張って拭いてもムラが残ったり、光加減や見る角度によって汚れが残っていたりと・・簡単なようで意外に根気のいる作業になります。
ここでは、ご家庭にあるお掃除道具と、100円ショップなどで安価で手に入るお掃除グッズで簡単に窓ガラスがキレイになる方法をご紹介します。ではレッツトライ♪

 

窓ガラス 編

ご用意いただくもの:
台所用洗剤 ゴム手袋 窓ガラス用の水切りワイパー ぞうきんバケツ
バケツに水を張り、台所用洗剤で希釈します。水9:台所用洗剤1くらいで十分です。
ぞうきんをバケツの洗剤でゆるめに絞り、全体的に拭きます。
 拭いているときにひっかかりを感じたら、大体汚れか傷です。見ながら拭いてください。
ガラスを十分に拭き、洗剤分が残っている状態で、窓ガラス用の水切りワイパーで上から下に向かって切ります。
 ワイパーのゴム部分をガラスに密着させ、浮かないようにすることがコツです。途中で浮いてしまったり、止めてしまうとムラになってしまいますので、一気に切ってください。
 別の手でぞうきんを持ち、ワイパーの下に添えながら切ると、洗剤分が垂れるのを防げます。
角の洗剤分やワイパーのスジが残っている場合は乾いたたぞうきんで、念入りに拭きます。



ガラス周りのゴムパッキンのカビをどうにかしたい・・

湿気が多い場所や、結露するガラスのゴムパッキンにカビが付着して、拭いても取れない場合は以下の漂白を試してみてください。市販の漂白剤やカビ取り材をご使用の際は、注意書きをよく読んで行ってください。

 

市販の漂白剤やカビ取り剤をハケや歯ブラシなどで、ゴムパッキンに塗布します。
 液剤がアルミサッシや窓枠に付着したまま放置すると、変色する可能性がありますので、もし、垂れてしまった際はすぐにぞうきんで水拭きを行い、液剤を除去してください。
ティッシュペーパーやキッチンペーパーなどでゴムパッキンを覆い密着させます。

15分〜30分ほど放置します。 

ペーパーを取り、残っているカビ部分を歯ブラシなどでこすります。

まだカビが残っている場合は@〜Cを繰り返します。

 

最近はホームセンターなどでも、おもにゴムパッキン用のカビ除去剤(ジェル状)を目にするようになりました。カビが頑固な場合は試してみてはいかがでしょうか。



▲このページのトップに戻る